レジノイド砥石シリーズ全般 – Resinoid Series in General

レジノイド砥石シリーズ - Resinoid Bonded Grinding Stones

あらゆる加工現場の最前線で活躍するSGWレジノイド砥石です。

  • 靱性(ねばり)を持つため、持つため、加工面への食いつきが良く砥粒スムーズな加工ができます。
  • ビトリファイド砥石に比較して、砥石自身に弾性があり、切削作業時のあたりが柔らかく能率よく作業ができます。
  • 砥粒の自生作用(切れ刃の脱落再生)に優れ、目詰まりが少なく粘りのある金属にも最適。
  • 重研削、粗研削に最適です。

砥粒 : SGW砥石は下記の砥粒から選択できます。

● 粒度 : 砥粒の大きさを表します。 数字が小さいほど粗くなり、大きくなるほど細かくなります。

● 結合度(硬度) : 砥粒を保持する結合剤の強さを表します。 Aに近い程軟質になり、Zに近い程硬質になります。

● 最高使用周速度 : 研削砥石が安全に使用できる最高限度の周速度をいい、毎秒何メートル(m/s)で表示されます。砥石に表示されている最高使用周速度を越えて使用してはならないと規定されています。 (労働安全衛生規則 第119条)

  1. 周速度 (m/s) = 直径 (mm) × 3.14 × 回転速度 (rpm, min ) ÷ 60
    最高使用周速度を表示している場合は砥石直径を2の式に入れ、最高使用回転速度を求めてください。
  2. 回転速度 (rpm, min -1 ) = 周速度 (m/s) ÷ 直径 (mm) ÷ 3.14 × 60
    但し、安全に使用できる最高限度回転速度であり、加工上の適正回転速度ではありませんのでご注意ください。

■レジノイド砥石の製造工程 SGWの工場では、お客様に安心してご使用いただける高品質で安全な砥石を日々生産しています。

靱性(じんせい:ねばさ)とは…… 割れや欠けに対する性質を言い、靱性が高い場合は割れにくく・欠けにくいが低いと割れやすく・欠けやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました